スマホアプリで仮想通貨に投資したいならCoincheckが一番?アプリの機能を徹底比較

仮想通貨投資家の中にはPCを使わずスマホアプリだけで取引を完結している人も多くいます。そうした背景もあってか、スマホアプリを提供している仮想通貨取引所は珍しくなくなってきていますが、国内で250万ダウンロードを突破しているCoincheckのアプリはそうした中でも「使いやすいインターフェース」で知られる仮想通貨取引アプリです。

そこで、ここではCoincheckとHEDGE GUIDE編集部が厳選した3つの仮想通貨取引所のスマホアプリを徹底比較していきます。この機会にぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 250万ダウンロード突破!Coincheckのスマホアプリ
    1-1. 11種類の仮想通貨を売買できる
    1-2. 人気の高いチャットサービス
  2. 利用率No.1(※)アプリの「bitFlyerウォレット」
    2-1. 現物取引やFX、レバレッジ取引が可能
    2-2. リアル店舗でビットコイン決済もできる
  3. 7種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができる「DMM Bitcoin」
    3-1.現物取引とレバレッジ取引に対応
    3-2.スマホアプリから高性能な取引システムを利用できる
  4. 2種類のスマホアプリを提供する「GMOコイン」
    4-1.包括的なスマホアプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」
    4-2.仮想通貨FXに特化したスマホアプリ「ビットレ君」
  5. アプリ機能が充実した仮想通貨取引所4選の機能別比較
  6. まとめ

①250万ダウンロード突破!Coincheckのスマホアプリ

Coincheck

Coincheckはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。Coincheckのスマホアプリは優れたインターフェイスが特徴で、「販売所」にアクセスしてスムーズに仮想通貨を購入できるよう設計されています。初心者でも理解しやすい同社アプリは国内で多くの仮想通貨投資家を惹きつけた要因の一つと言われています。

1-1. 11種類の仮想通貨を売買できる

Coincheckアプリでは「販売所」で11種類の仮想通貨を売買できます。もちろん日本円の入出金、仮想通貨の送金・受取も可能な他、Coincheckが提供する「電気・ガス料金のビットコイン支払い」や、「ビットコインの自動積立機能」もアプリで管理できます。

1-2. 人気の高いチャットサービス

Coincheckアプリでは他の国内仮想通貨取引所とは異なり、アプリからユーザー間でコミュニケーションが取れるチャットサービスをいち早く提供していました。こうした取り組みもあって、Coincheckのアプリは2019年7月にアプリダウンロード数は250万を突破、Coincheckは2019年3〜5月の期間においてビットコインアプリとしてDL数No.1を獲得しました(App Annie調べ)。

②利用率No.1(※)アプリの「bitFlyerウォレット」

bitFlyer

bitFlyerは日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けており、信頼された仮想通貨取引所の一つです。bitFlyerでは、「bitFlyerウォレット」というスマホアプリも提供しています。bitFlyerウォレットは、仮想通貨の送金や受取、購入、取引にまで利用できるほか、実店舗でのビットコイン決済機能も搭載していることが特徴です。

※1:株式会社マクロミルによるインターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」

2-1. 現物取引やFX、レバレッジ取引が可能

bitFlyerのスマホアプリからは「販売所」、「取引所」、「bitFlyer Lightning」にアクセスできます。bitFlyer Lightningでは高機能な注文機能を備えた現物取引やFX、レバレッジ取引が可能です。bitFlyerは国内No.1のビットコイン取引量(Bitcoin 日本語情報サイト調べ。2018 年国内取引所の総月間出来高、現物/差金決済/先物取引を含む)でも知られています。

2-2. リアル店舗でビットコイン決済もできる

bitFlyerが開発やデザインに力を注ぐスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」は、2019年8月にマクロミルが実施した調査で「初めて利用した仮想通貨アプリ」、「現在利用しているアプリ」でNo.1(※2)に選ばれました。アプリでは仮想通貨の取引はもちろん、加盟店でのビットコイン決済、Tポイントとビットコインの交換、ショッピングの還元ポイントをビットコインでもらえる機能など、bitFlyerのあらゆるサービスをアプリ内で利用できます。

※2:株式会社マクロミルによるインターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」

③7種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができる「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

DMM BitcoinはDMMグループの子会社として設立されています。DMMグループは未上場の企業でありながら売上高はグループ全体で2,000億円を超えるほどの大企業です。株式会社DMM.comは2009年よりDMM FXを運営しており、10年近く金融系サービスで培ったノウハウがDMM Bitcoinのサービスに活かされています。

3-1.現物取引とレバレッジ取引に対応

DMM Bitcoinは販売所形式の「現物取引」と「レバレッジ取引」に対応しており、取り扱い通貨はそれぞれ異なります。現物取引に対応している仮想通貨は3種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP)、レバレッジに対応している仮想通貨は7種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、イーサリアムクラシック)です。なお、レバレッジ取引は差金決済によって経済効果分だけを円で受け渡す方法です。

3-2.スマホアプリから高性能な取引システムを利用できる

DMM BitcoinのスマートフォンアプリはPC版に匹敵する充実した機能を搭載しています。例えばアプリからチャートを見ながら「ワンタッチ発注」ができます。スマートフォンから快適に取引管理がしたい方におすすめです。

④2種類のスマホアプリを提供する「GMOコイン」

GMOコイン

GMOコイン株式会社は、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のブループの仮想通貨取引所です。GMOインターネットは、GMO証券や金融サービスなど金融業界で培った信頼と実績のある企業です。GMOコインではうしたノウハウを活かした運営が特徴です。

4-1.包括的なスマホアプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」は、仮想通貨の取引(購入・売却・レバレッジ)、日本円入出金、仮想通貨の預入・送付、口座情報の確認・更新など、仮想通貨取引のために必要な機能が網羅されています。テクニカル分析でよく使われる、移動平均、一目均衡表、MACD、RSI、ボリンジャーバンドをはじめ、分析を深める描画機能を多数搭載しています。

4-2.仮想通貨FXに特化したスマホアプリ「ビットレ君」

仮想通貨FXに特化したアプリ「ビットレ君」は、FX取引に必要な機能が揃っています。「スピード注文(1タップの新規・決済・ドテン注文)」を備え、9種類のテクニカル指標と12種類の足種が利用できます。FX取引の経験が浅い方でもシンプルで分かりやすい画面になっています。

⑤アプリ機能が充実した仮想通貨取引所4選の機能別比較

Coincheck bitFlyer DMM Bitcoin GMOコイン
取扱通貨 ビットコイン 、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、ネム、ファクトム、ステラルーメン ビットコイン、イーサリアム、
XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン
ビットコイン、イーサリアム、XRP(差金決済のみ:ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、イーサリアムクラシック) ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン
取引所 × ×
販売所
レバレッジ取引 ×
特殊注文機能 ×
取引手数料(取引所形式) 無料 約定数量×0.01%〜0.15%(単位:BTC) 
(Lightning FX/Futuresの証拠金取引は無料)
無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
(レバレッジ取引/仮想通貨FXは無料)
最小注文数量 500円相当 販売所:0.00000001 BTC
簡単取引所:0.001 BTC
Lightning 現物:0.001 BTC
Lightning FX:0.01 BTC
Lightning Futures:0.001 BTC
0.001BTC 0.0001BTC
取引所手数料(販売所形式) 無料(実質的に数%の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている) 無料(実質的に 0.1% ~ 6.0% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている) 無料(実質的に数%の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている) 無料(実質的に数%の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)
レバレッジ手数料 建玉金額の0.04%/日 建玉金額の0.04%/日 建玉金額の0.04%/日
iPhone・Android対応

⑥まとめ

Coincheckのアプリはビットコインを含む計11種類の仮想通貨の現物を売買したい人におすすめです。初心者の方にとって使用しやすく、チャットルームで情報収集するのもおすすめです。

bitFlyerのアプリは国内利用率No.1を誇り、販売所だけでなく取引所やFXにも対応しており、取引ツールが充実しています。スマホアプリを使って本格的にトレードしてみたい方はぜひ検討してみてください。

DMM BitcoinとGMOコインのアプリは、どちらも多くの仮想通貨のレバレッジ取引に対応しており、高性能な注文機能やテクニカルツールが特徴的です。DMM Bitcoinで現物取引に対応している仮想通貨は3種類ですが、GMOコインは5種類といった違いがある点を押さえておきましょう。

このようにアプリによって使える機能には大きく違いがあるので、これから仮想通貨取引所の口座を開設しようとしている方は目的に合わせて使い分けられるように、2つから3つの仮想通貨取引所で口座を開設しておくことがおすすめです。実際に試してみるとで使いやすさや自分の好みにあったアプリがわかると思います。アプリのインストールは無料でできるので、この機会にぜひ確認してみてください。

The following two tabs change content below.