【投資初心者向け】自分に合ったロボアドバイザーの選び方

近年、ロボアドバイザー・サービス(以下、ロボアド)を使った資産運用が注目され、ネット上でもロボアドに関する情報を目にする機会が多くなりました。

これから投資や資産運用を始めようと考えている方で、ロボアドに関心をお持ちの方は多いかと思いますが、種類も多いため、自分に合ったサービスを選ぶのは簡単ではありません。そこで今回は、数あるサービスの中から自分にあったロボアドバイザーを見つける方法をご紹介します。

目次

  1. ロボアドバイザーの特徴
    1. 「アドバイス型」と「投資一任型」
    2. 各社ロボアドの特徴
  2. 自分に合ったロボアドバイザーの選び方
    1. 「アドバイス型」「投資一任型」のどちらを選ぶか
    2. 個別の事情に合ったロボアド選び
    3. 自分に合ったロボアド早見表
  3. まとめ

1 ロボアドバイザーの特徴

ロボアドは、大きく分けて「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類に分けられます。

1-1 「アドバイス型」と「投資一任型」

「アドバイス型」のロボアドは、助言型・提案型とも呼ばれ、ユーザーが数種類の質問項目に答えるとリスク許容度が診断され、それに応じて最適な資産運用プランの提案をしてくれます。

ユーザーはその提案内容を参考に、ユーザー自身が投資対象商品の発注や運用、さらに運用途中で資産配分の変更が必要となったときの最適化などを行うことができます。助言型はサービス利用料が基本的に無料です。

一方、「投資一任型」(運用型・投資一任型)は、アドバイス型と同様にリスク許容度の診断から最適な資産運用プランの提案を行ってくれます。さらに投資対象商品の発注・運用・運用途中における資産配分の最適化まで、すべてを任せることができるのが特徴です。

「アドバイス型」と「投資一任型」の大きな違いは、実際の発注や運用、そして運用途中での資産配分の最適化などをユーザー自身の手で行うか、それともすべてを任せることができるかという点です。「投資一任型」は手数料もかかりますが、投資の初心者にはおすすめのサービスといえます。

 1-2 各社ロボアドの特徴

次に、各社から提供されているロボアドサービスのうち、主要5社の特徴を見てみましょう。

ロボアドの名称 サービス運用会社 タイプ 特徴
WealthNavi(ウェルスナビ) ウェルスナビ 投資一任型 ・最低投資単位:10万円
・投資対象:海外ETF(上場投資信託)
・リスク許容度5段階
・申込件数19万口座以上、預かり資産1400億円超(2019年4月1日時点)と国内実績第1位と国内トップの規模・実績を有する
THEO(テオ) お金のデザイン 投資一任型 ・最低投資単位:1万円
・投資対象:海外ETF
・最適化パターン200種類以上
・世界86の国・地域、1万1000以上の豊富な銘柄を対象とする
マネラップ(MSV LIFE) マネックス証券 投資一任型 ・最低投資単位:1000円
・投資対象:海外、国内ETF
・リスク許容度8段階
・最大3つまでの複数コースで運用可。低コストのETFに投資対象を絞ることにより、年率の費用を運用資産の1%未満に抑える目標を持つ
楽ラップ 楽天証券 投資一任型 ・最低投資単位:10万円
・投資対象:国内投資信託
・リスク許容度5段階
・年率の費用は預け資産の0.702%と低コストを実現している(別途、信託報酬が必要)
SMART FOLIO(スマートフォリオ) みずほ銀行 アドバイス型 ・最低投資単位:1000円
・機関投資家に対する豊富な実績を持つ「みずほ第一フィナンシャルテクノロジー(株)」が構築した投資ロジックを使用

2 自分に合ったロボアドバイザーの選び方

それでは、自分の条件に最も合うロボアドは、どうやって選んだらよいのでしょうか。

2-1 「アドバイス型」「投資一任型」のどちらを選ぶか

ロボアド選びでは、まず、「アドバイス型」と「投資一任型」のどちらの種類に向いているかを検討する必要があります。このとき次に挙げる項目が判断材料となります。

  • 投資・資産運用の経験があるか
  • 投資・資産運用を行う時間的余裕があるか
  • 投資・資産運用を自分の手で行いたいか

投資・資産運用の経験があるか

まずは、ユーザー自身に「投資や資産運用の経験があるか」で判断すると良いでしょう。全くの初心者である場合は、運用を含めすべてお任せできる「投資一任型」がおすすめです。逆に、投資や資産運用の経験がある方は「アドバイス型」を選び、提案された運用プランに基づき、自ら資産運用を行なうのと良いでしょう。ただし、多少の経験があっても投資や資産運用の分野に知見や関心があまりない方は、「投資一任型」を選んで任せるほうが無難です。

投資・資産運用を行う時間的余裕があるか

忙しい会社員などで投資や資産運用を自分の手で行う時間があまりない方は、「投資一任型」にすべて任せてしまうのが手間もかかりません。反対に時間的な余裕がある、時間に融通が利くという方は、「アドバイス型」が候補になるでしょう。

投資・資産運用を自分で行いたいか

投資・資産運用を直接行いたい、あるいは投資や資産運用を行うのが好きで、ロボアドの提案を参考にしながら青写真を描きたいという方は、裁量範囲が広い「アドバイス型」が向いているといえます。一方、逆に行いたくない、あるいは行う自信がない場合は「投資一任型」が適していることになります。

銘柄の選択・購入、リバランスを含めた運用管理は投資の醍醐味ともいわれます。ロボアドを利用する上で、投資家自身がどのように関わる予定なのかを検討すれば自分にあったサービスを見つけることができます。

2-2 個別の事情に合ったロボアド選び

「アドバイス型」と「投資一任型」のどちらにするかが決まれば、次はそのグループ内でロボアドを選びます。ここでは、いくつかの考えられる項目の中で、次の5つの優先したい条件を中心に判断していきます。

  • リスクをできるだけ抑えたい
  • 利回りがよいものを選びたい
  • 積立投資で運用したい場合
  • 経費をできるだけ抑えたい
  • 節税したい場合

リスクをできるだけ抑えたい場合

安全に投資や資産運用を始めるためには、政治・経済・社会情勢などの変化にアンテナを張り、リターンをできるだけ大きく伸ばすことを目標にしながら、不測の事態にも対応できるプラン内容が求められます。「投資一任型」のロボアドは、ユーザーからすべてを任されて資産運用を行う立場から、各社とも資産の長期運用を通じてリスクの時間的な分散を図り、危機回避能力の向上に努めたサービス内容となっています。

例えば、WealthNavi(ウェルスナビ)は、世界約50か国、THEO(テオ)は世界86の国・地域が投資対象となっており、銘柄数は共に1万1000以上となります。投資対象を地理的に分けるとともに、種類も広範囲に設定しリスクを分散しています。また、楽ラップでは、投資対象を国内の投資信託とすることで為替変動リスクを抑える工夫を行い、さらに株式相場の変動リスクが高くなった際に、株式の投資割合を減らす「下落ショック軽減機能」を持つなどのリスク抑制に努めています。

このように各社とも方法は異なりますが、可能な限りのリスク低減に努めていることが特徴です。

利回りがよいものを選びたい場合

ロボアドの利回りについては、ユーザーの関心度も高いでしょう。上記で紹介した「投資一任型」ロボアドの2017年の利回りは、いずれもプラスの実績となっています。ユーザーのリスク許容度に応じて運用プランの資産配分などが違ってくるため、一概にはいえないですが、各社ともにハイリスク型のコースを中心に最高利回りは10%以上となっています。「アドバイス型」ロボアドの場合は、ユーザーが自分自身で運用や資産配分の最適化を行うことになるため、ユーザー自身の経験や技術で結果が異なります。

積立投資で運用したい場合

積立投資とは、決まった金額の金融商品を定期的に購入して徐々に資産を増やしていく投資方法ですが、ロボアドは積立投資に向いているといえます。各社のロボアドは、総じて資産の長期的な運用という視点を中心に置いていることから、長期投資や積立投資に最適な仕様になっています。運用プランの資産配分をはじめ、「リスク分散」「コスト圧縮」「少額対応」「自宅に居ながら自動積立」などの要素から、ロボアドは積立投資に最適なサービスとなっています。

できるだけ少額から始めたい場合

SMART FOLIO(スマートフォリオ)の最低投資金額は1000円となるなど、株式投資と異なり、ロボアドでは低額から始められるのも特徴です。ユーザーによって「どのくらいの金額から運用を始めたいか」には、様々な希望があると思いますが、初期投資をなるべく抑えたい場合は、各ロボアドの最低投資金額を比較してみましょう。

少額で始めたい方は、「投資一任型」ロボアドでは、THEO(テオ)の1万円、マネラップ(MSV LIFE)の1000円などが少ない金額で始められるため、有力候補となるでしょう。また、「アドバイス型」ロボアドでは、SMART FOLIO(スマートフォリオ)の1000円など最低投資金額を非常に低く設定してあります。

経費をできるだけ抑えたい場合

「アドバイス型」ロボアドのサービス利用料は通常無料ですが、「投資一任型」ロボアドでは手数料が発生します。しかし、「投資一任型」ロボアドのサービス利用手数料は、各社おおむね運用資産額の1%程度と、一般の投資信託の手数料より安くなっています。

特に、楽ラップは運用資産額の0.702%(他に運用時の信託報酬等が必要)と主要ロボアドの中では最もコストを抑えています。WealthNavi(ウェルスナビ)やTHEO(テオ)では、運用資産が3000万円まではその1%ですが、3000万円を超える部分はその2分の1となります。「投資一任型」ロボアドにおける主要4社のコストは、良心的な費用とみることができるでしょう。一方、「アドバイス型」ロボアドSMART FOLIO(スマートフォリオ)では運用時の信託報酬等など最低限の費用は必要となるものの、基本的には経費をかけずに始めることができます。

節税したい場合

ロボアドでは収益にかかる税金を節約することができます。NISA(少額投資非課税制度)口座を使った資産運用について、運用一体型のロボアドでは利用できませんが、「アドバイス型」ロボアドでは資産運用プランの提案内容を参考にして、自分のNISA口座で投資信託などを購入することができます。

「投資一任型」ロボアドであるWealthNavi(ウェルスナビ)では、売却益や分配金にかかる税負担を保有銘柄の含み損を実現することで相殺し、翌年度以降に繰り延べる「自動税金最適化機能」があります。

2-3 自分に合ったロボアド早見表

ユーザーが自分に合うロボアドを見つけることができるように、これまで述べた判断材料からまとめると次のようになります。

ユーザーの条件 投資一任型 アドバイス型
WealthNavi(ウェルスナビ) THEO[テオ] マネラップ(MSV LIFE) 楽ラップ SMART FOLIO(スマートフォリオ) 投信工房
【経験】初心者・詳しくない
【経験】経験者・詳しい
【スタイル】忙しい・時間がない
【スタイル】時間の余裕がある
【運用】自分でやりたい
【運用】自分でやりたくない・自信がない
【目的】リスクを抑制したい
【目的】高利回りがよい
【目的】積立投資をしたい
【目的】少額で開始したい
【目的】経費を安くしたい
【目的】節税したい

自分が優先したい条件を確認しながら、どのロボアドサービスの利用に向いているか総合的に判断してみると良いでしょう。

3 まとめ

各社が提供するロボアドサービスには、それぞれに個性や固有の特徴があります。ロボアドを選ぶ場合には、投資対象の種類をはじめ、投資やリスク分散の方法、必要経費、利回り・運用実績、さらに市況の大きな変動など緊急時における危機回避能力など、各機能を総合的に判断することが重要です。

ロボアドで資産運用を検討している方は、各機能の中から浮かび上がってくる各サービスの個性や特徴をしっかりと把握し、自分の求めている優先条件にマッチするかをしっかりと見極め、それぞれの特徴をよく把握した上で自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チームは、ロボアドバイザーや少額株式投資に関する知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から少額投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」