【利用者が急増】Tポイントを使ってビットコイン投資を始める方法:暗号資産取引所bitFlyerの使い方

ビットコインは1BTC=1,140,086円(9月17日現在)と高額なため、投資に興味を持っていてもなかなか踏み出せない方は多いと思います。しかし、実際にはビットコインは小数点以下から購入でき、およそ1,000円(0.001BTC)前後から購入できるので、元手が少なくても投資できます。

そうした特性を活かして、暗号資産取引所bitFlyerはTポイントをビットコインに交換できるサービスを提供しています。bitFlyerを使えば元手がゼロ、つまり、取引所に現金を入金しなくてもビットコイン投資を始めることができます。

bitFlyer_0916a

2020年8月には、ビットコイン価格上昇に伴って、bitFlyerのTポイント交換サービスを利用した1カ月間のユーザー数が、昨年8月の開始以来、最高値を記録しました。ビットコインの価値が見直されている中、多くの人がビットコインを保有し始めている様です。

この記事ではbitFlyerとTポイントプログラム、そして実際にTポイントをビットコインに交換する方法について説明します。

目次

  1. bitFlyerの概要
  2. bitFlyerのTポイントプログラム
    2-1. Tポイントをビットコインに交換できる
    2-2. bitFlyerウォレット決済でTポイントが貯まる
  3. Tポイントをビットコインに交換する方法
    STEP 1:bitFlyerで口座開設
    STEP 2:bitFlyerでTポイント利用手続き
    STEP 3:Tポイントをビットコインに交換
  4. Tポイントでビットコインを取得したら

①bitFlyerの概要


暗号資産取引所bitFlyerは2014年に創業、国内主要メガバンクやベンチャーキャピタルから約41億円もの出資を受けた国内でも有数の暗号資産取引所として知られています。顧客保護やセキュリティ体制整備に力を入れており、世界140の暗号資産取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています(Sqreen社調べ)。

bitFlyerは「ブロックチェーンで世界を簡単に」というミッションを掲げており、多くの人にビットコインを最初に体験してもらうためのサービスを開発しています。Tポイントを使ってビットコインを獲得できる「Tポイントプログラム」は、その代表例と言えます。

②bitFlyerのTポイントプログラム

TポイントはTSUTAYAをはじめとする全国の提携店舗やネットショップで貯めたり、使ったり、交換できるサービスです。bitFlyerのTポイントプログラム導入によって、ポイントを使ってビットコインを取得したり、bitFlyerの加盟店でビットコインでの商品・サービス購入時にTポイントを貯めることができるようになりました。2019年8月現在で6,961万人が利用する共通ポイントと暗号資産の交換サービスは国内初の取り組みです。

2-1. Tポイントをビットコインに交換できる

bitFlyerのTポイントプログラムでは、Tポイント利用手続きを行うことでbitFlyerでビットコインを購入できます。交換レートはTポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインとなっています。Tポイントはコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店、衣料店、家電量販店、携帯電話、ネットショッピング、電気・ガスなど全国106万を超える店舗で、生活に密着したあらゆるライフシーンで利用出来ます。bitFlyerでは、こうして普段の生活で貯めたポイントも気軽にビットコイン投資に当てることができます。

2-2. bitFlyerウォレット決済でTポイントが貯まる

対象加盟店にてbitFlyerウォレットでビットコイン決済をすると、500円以上の買い物毎に1ポイントが付与されます。対象加盟店にはビックカメラ、ヤマダ電機、H.I.Sなどが含まれています。

③Tポイントをビットコインに交換する方法

それでは実際に、bitFlyerでTポイントをビットコインに交換する方法をご説明します。既にTポイントを保有していることを前提に、bitFlyer側で必要な作業を以下の3つのステップに分けてご説明します。

STEP 1 bitFlyerで口座開設
STEP 2 bitFlyerでTポイント利用手続き(Yahoo IDが必要)
STEP 3 bitFlyerでTポイントをビットコインに交換

STEP 1:bitFlyerで口座開設

bitFlyerの口座開設は、アカウントを開設して二段階認証を設定し、「スマホから本人確認書類を提出する」か「対面で本人確認する」ことで完了します。口座開設方法の詳細は、以下のページでご確認ください。

【関連記事】【2020年度決定版】bitFlyerで暗号資産投資を始める方法:口座開設編

STEP 2:bitFlyerでTポイント利用手続き

本人確認が完了したら、bitFlyerで各種サービスが使用できるようになります。Tポイントと連携するために、ログインをして、サイドバーの「設定」をクリックし、「パートナーサービス」で「Tポイント」を選択して利用手続きを行いましょう。アプリの場合は「≡」から「パートナーサービス」を選択します。

bitflyer point 000

「Tポイント」をクリックすると、「Tポイント利用手続き」へと移ります。「Tポイント利用手続きに関する同意事項」を確認したら、「利用手続きを始める」をクリックしましょう。

Bitflyer Tpoint

「Tサイト」へと遷移しますので、Yahoo!JAPAN IDを使ってログインをしましょう。Tサイト側で本人確認を済ませて、bitFlyerとTポイント情報を連携させましょう。

Bitflyer Tpoint 2
Bitflyer Tpoint 3
Bitflyer Tpoint 4
Bitflyer Tpoint 5

STEP 3:Tポイントをビットコインに交換

bitFlyerでTポイント利用手続きが正常に完了すると、「連携済みのサービス」にTポイントが表示されるようになります。

Bitflyer Tpoint 7

これで、随時利用できるTポイント数が表示されるようになるので、「Tポイントをビットコインに交換する」をクリックして、ビットコインを取得しましょう。Tポイントプログラムの最低交換ポイントは100 ptで、100 ptあたり85円相当のビットコインに交換できます。

Bitflyer Tpoint 6

④Tポイントでビットコインを取得したら

ビットコインは数か月単位で2倍や3倍になることもあれば、数日間で20%~50%減少することもあるなど、ボラティリティ(価格変動幅)の大きい投資商品です。Tポイントを利用してビットコインを取得したら、こうした価格変動を利用してトレーディングに挑戦してみることはいかがでしょうか?自分の資産を使わずに、投資経験を積む機会になります。

bitFlyerは「販売所」「簡単取引所」「bitFlyer Lightning」でビットコインの現物・FX・先物取引を提供しています。最小注文数量は取引形態により異なり、販売所が0.00000001 BTC、簡単取引所とLightning(現物)が0.001 BTC、Lightning(先物)が0.01 BTCとなっています。簡単取引所とbitFlyer Lightningのビットコイン現物取引であれば、保有資産以上の損失を被るリスクもありません。

実際にトレーディングを経験してみて、自分の投資戦略に自信を深めた段階で、現金を入金しても良いでしょう。ポイント投資を取り入れた資産運用方法については、こちらの記事でも詳しく解説されています。ご興味のある方はぜひご覧になってください。

【関連記事】元証券会社トレーダーが伝える、ポイント投資の3つの活用方法と注意点

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。