仮想通貨のトレーディングならどの取引所がおすすめ?bitFlyerとTAOTAOの取引専用ツールを徹底比較

ボラティリティが大きな仮想通貨市場において、トレーディングで収益を上げるにはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析が重要となります。仮想通貨取引所はそれぞれトレーディングツールを開発しており、ニュースや市場分析、テクニカル分析、資産管理に活用できるよう工夫されています。これらのツールはトレーダーにとって強力なサポートとなりますが、これから仮想通貨トレードを始める方にとって、どの取引所を利用すべきか迷う方もいらっしゃると思います。

ここでは特徴的なトレーディングツールを提供するbitFlyerとTAOTAOについてご紹介したいと思います。これから仮想通貨トレードを始めようと思っている方、新たに別の取引所の利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. ビットコイン取引量・国内No.1のbitFlyer
    1-1. bitFlyer Lightningの取引画面
    1-2. 取引参加者の注文状況が反映されるLightChart
  2. Yahooグループが出資する仮想通貨取引所TAOTAO
    2-1. TAOTAOの取引画面
    2-2. マーケット情報の準リアルタイムデータを公開するTrade Blotter
  3. bitFlyerとTAOTAOの取扱仮想通貨や手数料など徹底比較
    3-1. 取扱仮想通貨の比較
    3-2. 取引所形式と販売所での比較
    3-3. 各種手数料の比較
    3-4. ロスカットルール、証拠金対応通貨
    3-5. 注文方法
  4. まとめ

①ビットコイン取引量は国内No.1のbitFlyer

bitFlyer
bitFlyerは、日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けている国内でも有数の仮想通貨取引所です。bitFlyerは、取引専用ツール「bitFlyer Lightning」を提供しています。

bitFlyer Lightningでは、仮想通貨の現物取引4ペア(BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC、BCH/BTC)と、FX(BTC-FX/JPY)、先物取引(BTC/JPY)に対応しています。現物/差金決済/先物取引を含めたbitflyerのビットコイン取引量は国内No.1(Bitcoin 日本語情報サイト調べ。2019年国内取引所の総月間出来高)あり、参加者が多く取引しやすいという特徴があります。

1-1. bitFlyer Lightningの取引画面

bf1
bitFlyer Lightningでは、指値、成行、ストップ注文や特殊注文(IFD、OCO、IFDOCO)が利用できます。発注画面に加えて、「チャート・板・損益・ポジション・歩み値情報・ニュース・注文パネル・注文状況・取引履歴・チャット」も一画面で表示できるので、トレード中にリアルタイムな情報収集が可能です。サイドメニューからは、証拠金・入出金管理、取引履歴や経済指標カレンダーの閲覧などが行えます。

1-2. 取引参加者の注文状況が反映されるLightChart

bitFlyer Lightningでは、チャートを『Original』、『CryptoWatch』、『LightChart』の3つから選択して使用できます。下図はLightChartです。特にLightChartは板情報の数をグラフ化したBoard 板情報が縦軸に、売り呼値(ask)と買い呼値(bid)を表す市場の厚み(デプス: Depth)が横軸に表示されており、出来高の多いbitflyerの取引参加者の注文動向を把握できます。
bf2
4月16日現在、bitFlyer Lightningのビットコイン/JPYは705,187円で取引されていますが、69万円、65万円、60万円に「買い」注文の指値が集まっています。反対に80万円、85万円に「売り」注文が集まっていることがわかります。また価格が79万円を超えた付近で買い注文(bid)が減少しており、上昇圧力が弱まっていることがわかります。

LightChartは、1分足から週足まで変更でき、ローソク足以外にライン、バーチャートに変更可能で、チャート分析に便利な8種類のインジケーターを表示できます。LightChartに描画機能はありませんが、価格に対して水平ラインを引くことが出来ます。CryptoWatch版は利用できるインジケーターが20種類に増え、簡易的な描画機能及びフィボナッチリトレースメントを利用できます。スマホ利用に最適なOriginal版は7種類のインジケーターが利用でき、描画機能はトレンドラインのみ利用できます。

②Yahooグループが出資する仮想通貨取引所TAOTAO


TAOTAOは、Zホールディングス(旧ヤフー)の関連会社であるTaoTao株式会社が運営する仮想通貨取引所です。ヤフーグループはワイジェイFXを有しており、TAOTAOのサービスの随所でFX(外国為替証拠金取引)のノウハウが活かされています。

TAOTAOは初心者でも始めやすい販売所方式を採用しており、ビットコインとイーサリアムの2種類の仮想通貨の現物取引に対応しています。証拠金を預けて最大4倍の資産を売買できるレバレッジ取引は、さらにXRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュも取り扱っています。

TAOTAOは、レバレッジ取引にかかるポジション管理料を「建玉金額×0〜0.041%/日」と安めに設定するなどの独特な施策でトレーダーの支持を得ています。2020年2月の同社実績報告によると、月間の現物取引額約6.2億円に対して、レバレッジ取引額は約1,000億円となっています。

2-1. TAOTAOの取引画面

tao1
TAOTAOのダッシュボードは、注文機能、高性能チャートなど取引に必要な情報を一画面に集約できます。自分でカスタマイズして作成したレイアウトは保存できるので便利です。30種類のインジケーターを利用でき、描画機能も備えているため本格的なチャート分析ができます。

2-2. マーケット情報の準リアルタイムデータを公開するTrade Blotter

tao2
TAOTAOの分析ツール「Trade Blotter(トレードブロッター)」は、レバレッジ取引参加者の「未決済建玉、指値、歩み値」の準リアルタイムデータをレポーティングしています。1時間ごとに30分前の情報が更新されるので、ポジションを分析してトレード戦略に役立てることができます。本格的に仮想通貨トレーディングに取り組みたい人におすすめです。

③bitFlyerとTAOTAOの取扱仮想通貨や手数料など徹底比較

3-1. 取扱仮想通貨の比較

bitFlyer TAOTAO
取扱仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT ビットコイン、イーサリアム、(XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ :レバレッジ取引のみ)

3-2. 取引所形式と販売所での比較

bitFlyer TAOTAO
販売所 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT ビットコイン、イーサリアム(XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ :レバレッジ取引のみ)
取引所 ビットコインのみ
(bitFlyer Lightning:ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)
レバレッジ取引通貨ペア BTC/JPY BTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、LTC/JPY、BCH/JPY
最小注文数(BTC) 販売所:0.00000001 BTC
簡単取引所:0.001 BTC
Lightning 現物:0.001 BTC
Lightning FX:0.01 BTC
Lightning Futures:0.001 BTC
0.001BTC

3-3. 各種手数料の比較

bitFlyer TAOTAO
取引手数料 0.01%〜0.15% 取引所:なし
レバレッジ手数料 建玉金額の0.04%/日 建玉金額×0〜0.041%/日
法定通貨出金手数料 三井住友銀行宛:3万円未満216円、3万円以上440円
その他の銀行宛:3万円未満540円、3万円以上770円
無料
仮想通貨出金手数料 ビットコイン:0.0004BTC 無料

3-4. ロスカットルール、証拠金対応通貨

bitFlyer TAOTAO
レバレッジ倍率 1倍〜4倍 4倍
ロスカット発生 証拠金維持率50%以下 証拠金維持率80%以下
証拠金利用通貨 日本円、ビットコイン 日本円、ビットコイン、イーサリアム

3-5. 注文方法

bitFlyer TAOTAO
成行、指値、IFD、OCO、逆指値注文
IFDOCOC ×
ストリーミング注文、IFO、FIFO、注文一括決済、クイック決済 ×

※2020年4月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。

④まとめ

取引専用ツールと聞くと難しそうな印象を受けるかもしれませんが、bitFlyerやTAOTAOのツールは初心者でも利用しやすいように設計されています。テクニカル分析に使うインジケーター(指標)は両社共にワンタッチで直感的に表示できます。

ある程度テクニカルに関する知識がないと、何から手を付けてよいかわからないかと思います。そんな時は、Hedge Guideでお伝えしている初心者向けのトレード手法のコラムを読みながら分析してみてください。

また、bitFlyer LightningのBoard板情報や、TAOTAOのTradeBlotterなどは、より実践的な分析ができるツールです。どちらもビットコインFXの取引量が多いからこそ、利用者のポジション情報自体がテクニカル分析の材料になっています。仮想通貨で本格的なトレーディングをしようと考えている方は、bitFlyerやTAOTAOのような、多くの取引量を有している取引所を最初に選択してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所ではメンテナンスや売買制限等で取引が行えない事もありますので、複数口座を開いて取引ができなくなるリスクを軽減すると良いでしょう。仮想通貨取引所の口座開設は無料でできますので、これを機にぜひ確認してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。