bitFlyerと楽天ウォレットはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

bitFlyerと楽天ウォレットはどちらも国内大手企業から出資を受けており、知名度の高い企業と連携してユニークなサービスを提供している仮想通貨取引所です。2014年1月に設立されたbitFlyerは、既に初心者から上級者まで多くの投資家の支持を得ています。一方で楽天ウォレットは2019年8月より仮想通貨取引のサービスを開始しました。楽天グループのサポートを受けて、ますます多くの利用者を獲得しています。

同じ仮想通貨取引所といっても、bitFlyerと楽天ウォレットとでは取引サービスの内容や、関連する機能も異なっています。アプリの使用感についても投資家の好みがあると思います。自分にあった取引所を探して登録すると良いでしょう。ここでは機能や手数料、取引通貨など様々な違いを比較することで、bitFlyerと楽天ウォレットでどのようなことができるのか、分析していきましょう。

目次

  1. bitFlyerの特徴・機能まとめ
    1-1. ビットコイン取引量国内 No.1 「bitFlyer Lightning」
    1-2. ポイント交換でビットコインを獲得できる
    1-3. リアル店舗でビットコイン決済もできる「bitFlyerウォレット」
  2. 楽天ウォレットの特徴・機能まとめ
    2-1. 現物取引と専用のスマホアプリ
    2-2. 最大レバレッジ2倍の証拠金取引
    2-3. 楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換できる
  3. bitFlyerと楽天ウォレットの取扱通貨・手数料を徹底比較!
    3-1. 取引所形式と販売所形式での比較
    3-2. 各種手数料の比較
    3-3. ロスカットに関する手数料・発生条件
  4. まとめ

①bitFlyerの特徴・機能まとめ

bitFlyer
bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerは2014 年の創業以来一度もハッキング被害に遭っておらず、ビットコイン取引量では国内No.1を維持しています(Bitcoin 日本語情報サイト調べ、2019年国内取引所の総月間出来高)。

1-1. ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer Lightning」

bitFlyerは「販売所」と「取引所」、そして証拠金取引など高度な注文が可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。販売所は8種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン)、取引所はビットコインのみ、bitFlyer Lightningは「現物取引(BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC、BCH/BTC)」と「差金決済(BTC-FX/JPY)」、そして「先物取引(BTC/JPY)」に対応しています。差金決済と先物取引では最大4倍のレバレッジ取引が可能です。bitFlyer Lightningはストップ注文や特殊注文(IFD、OCO、IFDOCO)を備えています。

1-2. ポイント交換でビットコインを獲得できる

bitFlyerの「ビットコインをもらう」は、好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等をするだけでビットコインがもらえるサービスです。「ビットコインをもらう」はbitFlyerの口座を開設しているユーザーなら誰でも利用できます。また、bitFlyerはTポイント・ジャパンと業務提携を結び、bitFlyerでTポイントが貯まる・使える「Tポイントプログラム」を提供しています。交換レートはTポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインとなっています。普段の生活で貯めたポイントを気軽にビットコイン投資に当てることができます。

1-3. リアル店舗でビットコイン決済もできる「bitFlyerウォレット」

bitFlyerが開発やデザインに力を注ぐスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」では仮想通貨の取引はもちろん、Tポイントとビットコインの交換、ショッピングの還元ポイントをビットコインでもらえる機能など、bitFlyerのあらゆるサービスをアプリ内で利用できます。また、ビックカメラ、ヤマダ電機、H.I.S、地域飲食店などのbitFlyerの加盟店ではビットコイン決済可能なので、貯めたビットコインを通貨として直接利用することができます。

②楽天ウォレットの特徴・機能まとめ

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。楽天グループの各種サービスと連携しており、楽天銀行口座を利用して最短即日で口座開設が可能です。ユーザーから預託した資産(顧客資産)は楽天グループの楽天信託が提供する信託口座で管理するなど、セキュリティや内部管理態勢も厳重に整備されています。楽天ウォレットでは、AI技術を活用した自動応答チャットサービスを提供しているので、操作に不慣れなユーザーも安心して利用できます。

2-1. 現物取引と専用のスマホアプリ

楽天ウォレットの取引サービスは基本的にスマートフォンアプリからアクセスします。現物取引は、販売所方式で3種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)を取り扱っています。最小購入数量は100円で少額から投資を始めることができます。24時間365日いつでも取引口座への法定通貨の入出金が可能なので、相場の急変時にも対応することができます。

2-2. 最大レバレッジ2倍の証拠金取引

レバレッジ取引は証拠金を預入れて自分の投資金額以上の仮想通貨を売買できる仮想通貨の売買が行えるサービスです。楽天ウォレットは2020年春からレバレッジ取引サービスを提供予定となっています。同取引所では前述の3種類にライトコインとXRPを加えて、合計5つの取引ペア(BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPY)で証拠金の2倍までの取引が可能になります。証拠金取引では、条件注文(成行き、指値、逆指値、OCO、IFD、IFO)が利用できます。

2-3. 楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換できる

楽天ウォレットでは、楽天市場や楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換する「ポイント交換」サービスを提供しています。最低100ポイントから1ポイント=1円相当で仮想通貨への交換が可能で、楽天ウォレットが扱っている仮想通貨3種類全てに対応しています。毎月気軽にポイントを交換しながら仮想通貨投資に取り組めます。

③bitFlyerと楽天ウォレットの取扱通貨・手数料を徹底比較!

3-1. 取引所形式と販売所形式での比較

bitFlyer 楽天ウォレット
販売所 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ
取引所 ビットコインのみ(bitFlyer Lightning:ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ) 提供なし
最小注文数(BTC) 販売所:0.00000001 BTC
簡単取引所:0.001 BTC
Lightning 現物:0.001 BTC
Lightning FX:0.01 BTC
Lightning Futures:0.001 BTC
100円
レバレッジ取引 BTC/JPY(ビットコイン/円) BTC/JPY(ビットコイン/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)
XRP/JPY(リップル/円)
BCH/JPY(ビットコインキャッシュ/円)
LTC/JPY(ライトコイン/円
レバレッジ取引
最小注文数(BTC)
0.01BTC 0.01BTC

3-2. 各種手数料の比較

bitFlyer 楽天ウォレット
取引手数料(取引所) 約定数量×0.01%〜0.15%(単位:BTC)
(Lightning FX/Futuresは無料) 無料
レバレッジ手数料(スワップポイント) 建玉金額の0.04% 建玉金額の0.04%
法定通貨出金手数料 三井住友銀行宛:3万円未満216円、3万円以上440円
その他の銀行宛:3万円未満540円、3万円以上770円
300円
仮想通貨出金手数料 ビットコイン:0.0004BTC
イーサリアム:0.005ETH
XRP:無料
ビットコインキャッシュ:0.0002BCH
ライトコイン:0.001LTC
リスク:0.1LSK
イーサリアムクラシック:0.005ETC
モナコイン:無料
BTC:0.001BTC
ETH:0.01ETH
BCH:0.01BCH

3-3. ロスカットに関する手数料・発生条件

bitFlyer 楽天ウォレット
レバレッジ倍率 最大4倍 最大2倍
ロスカットライン 証拠金維持率が50%未満 証拠金維持率が100%未満
アラート・追証ライン 証拠金維持率が100%未満 証拠金維持率が120%未満でアラート

※2020年3月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。

④まとめ

bitFlyerはアルトコインの取り扱いが多く、板取引が利用できる点で差別化されています。Tポイントをビットコインに交換するサービスも提供しており、仮想通貨投資の初心者の方にとって利用しやすいでしょう。同社はまた、世界140の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価(Sqreen社調べ)を得るなど安心して利用できるだけの実績があります。

楽天ウォレットは楽天グループの強みを生かしたサービスが特徴的です。楽天銀行の口座からスムーズに入金して、わずか100円から仮想通貨を購入できます。楽天スーパーポイントを使ってビットコインを含む仮想通貨を獲得できるので、これから仮想通貨投資を始めてみたい方にとって便利です。レバレッジ取引のリリースも控えており、楽天ウォレットのサービスは今後ますます充実してくると考えられます。

どちらのサービスも口座開設は無料で簡単にできるので、これを機に2つの取引所で口座を開設しておくことをおすすめします。それぞれ別々のポイントを使って仮想通貨を取得できるので、まずはビットコインを保有してみてましょう。慣れてきた頃にそれぞれ独自のサービスを使い分けても良いでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。