bitFlyerに上場したポリゴン(MATIC)のアップデートについて解説

今回は、ポリゴン(MATIC)のアップデートについて、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. bitFlyerとは
    1-1.bitFlyerの概要
    1-2.bitFlyerの特徴
  2. ポリゴン(MATIC)とは
    2-1.ポリゴン(MATIC)の概要
    2-2.仮想通貨としてのスペック
    2-3.ポリゴン(MATIC)の特徴
  3. ポリゴン(MATIC)のアップデート状況
    3-1.Polygon Nightfall
    3-2.zkEVM
    3-3.Polygon Miden
    3-4.Polygon Avail
    3-5.Polygon Zerol
  4. まとめ

22年8月2日、国内最大級の仮想通貨取引所である「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、「アルトコイン販売所」サービスにおいて新たに「ポリゴン(MATIC)」の取り扱いをスタートすることを明らかにしました。

ポリゴンはイーサリアムのセカンドレイヤーとして開発が行われ、22年8月9日時点において時価総額ランキング第14位にランクインしている人気の銘柄となっています。

そこで今回は、bitFlyerで新たに取り扱われるポリゴン(MATIC)について、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

①bitFlyerとは

1-1.bitFlyerの概要


bitFlyer(ビットフライヤー)とは、「ブロックチェーンで世界を簡単に。」という使命を掲げ、仮想通貨関連のさまざまなサービスを展開している国内最大規模の取引所です。14年1月9日に設立された仮想通貨取引所であるbitFlyerは、セキュリティ面に定評があり、ハッキング被害がゼロという実績を有しています。

1-2.bitFlyerの特徴

①取り扱い通貨が豊富

bitFlyerは取り扱いのある銘柄数も多く、「ビットコイン(BTC)」や「イーサリアム(ETH)」といった人気銘柄を揃えています。

販売所の取扱銘柄

17銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、ネム、チェーンリンク、イーサリアムクラシック、ポルカドット、リスク、テゾス、シンボル、ポリゴン、メイカー

bitFlyer Lightning取引所の取扱銘柄

6銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、モナコイン

②セキュリティ性が高い

bitFlyerは業界で最長となる7年以上もの期間、ハッキング件数がゼロという圧倒的なセキュリティの強固性を誇っています。

③サービスの幅が広い

bitFlyerは仮想通貨の交換サービス以外にも、「bitFlyer かんたん積立」や「bitFlyer クレカ」など、独自のサービスを複数展開しています。

②ポリゴン(MATIC)とは

2-1.ポリゴン(MATIC)の概要

ポリゴン(MATIC)とは、17年に「マティックネットワーク(Matic Network)」という名称でローンチされ、21年2月にブロックチェーンのスケーリング問題に取り組むために「ポリゴン(MATIC)」へとリブランディングが行われた、イーサリアムのセカンドレイヤー・ソリューションです。

セカンドレイヤー・ソリューションとは、メインとなるブロックチェーン(イーサリアム)の外で何らかの取引を実行するテクノロジーのことを指し、元々メインチェーンで行われていた処理の一部をセカンドレイヤーが担うことによって、その負担を軽減する技術となっています。

ポリゴンはイーサリアムが抱える、取引件数の多さによって発生する処理速度の遅延やガス代(取引手数料)の高騰などといった「スケーラビリティ問題」の解消を目指してスタートされたセカンドレイヤー・プロジェクトで、トランザクション処理速度がかなり高速なことや、取引コストが安価なことから、そのユースケースをますます拡大しています。

2-2.仮想通貨としてのスペック

ポリゴンの仮想通貨としてのスペックは下記の通りです。

  • ティッカーシンボル・・・「MATIC」
  • 現在の価格(22年8月9日現在)・・・0.9237ドル(約124.65円)
  • 時価総額・・・約74.2億ドル(約1兆円)
  • 時価総額ランキング・・・14位
  • 循環サプライ・・・約80.3億MATIC
  • 発行上限・・・100億MATIC

2-3.ポリゴン(MATIC)の特徴

①イーサリアムのセカンドレイヤー・ソリューションである

ポリゴンは並列するブロックチェーンを作成することによってメインとなるイーサリアムブロックチェーンにブリッジし、イーサリアムブロックチェーン上に構築された数々のアプリケーションを利用できるようになっています。

②トランザクション処理速度が高速で、取引コストも安い

ポリゴンはトランザクション処理速度が圧倒的で、イーサリアムが1秒あたり15件のトランザクションを処理するのに対し、ポリゴンは1秒あたり65,000件ものトランザクション処理が可能となっています。

また、取引コストも安く抑えられているため、使い勝手が良く、DeFi分野をはじめとする多くのプロジェクトで採用されています。

③ポリゴン(MATIC)のアップデート状況

3-1.Polygon Nightfall

ポリゴンのプロダクトの一つである「Polygon Nightfall」は、22年5月17日にメインネットのベータ版がローンチされました。Polygon Nightfallは、ロールアップおよびゼロ知識証明を活用したスケーリングソリューションで、特にプライバシーに特化した機能となっています。なお、正式版のリリースについてはまだ発表されていません。

3-2.zkEVM

「zkEVM」とは、ZKロールアップに特化した新たなレイヤー2スケーリングソリューションのことを指し、ゼロ知識証明技術およびイーサリアムへの対応の両方を可能にするバーチャルマシンとなっています。zkEVMはどのイーサリアムのスマートコントラクトにおいても実装ができるほか、ゼロ知識技術による分散化とセキュリティを保ちつつ、イーサリアムよりさらに高速な処理速度と安価な取引手数料を実現するとしています。

ポリゴンは22年7月20日にzkEVMを発表したばかりで、詳しい情報については後日明らかになるということです。テストネットについても近日公開されるほか、今年の夏中にはパブリックテストネットを発表、メインネットについては23年初頭のローンチを想定していると説明しています。

3-3.Polygon Miden

「Polygon Miden」はゼロ知識証明の関連技術である「zk-STARK」を活用したスケーリングソリューションで、ロールアップ技術の課題となっている現状任意のロジックおよび取引のサポートを行うことが可能です。現在は開発中となっており、正式なリリース時期はまだ発表されていません。

3-4.Polygon Avail

「Polygon Avail」はイーサリアムブロックチェーンにおけるスケーラビリティ(拡張性)を向上させるためのポリゴンのプロダクトの一つで、「データ可用性(Data Availability)」に特化したブロックチェーンとなっています。22年4月6日時点で、22年2Qにテストネットをローンチする計画だと発表していましたが、8月10日現在未だ開発中となっています。

3-5.Polygon Zerol

「Polygon Zero」とはポリゴンが開発を行う世界最速のZKスケーリング技術「Plonky2」を利用したプロダクトで、ゼロ知識証明を活用することによって、10億人規模にのぼるユーザーをイーサリアムで処理可能にすることを目指しています。こちらも現在は開発段階で、正式なリリース時期はまだ発表されていません。

④まとめ

ポリゴンはイーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解消するためのセカンドレイヤー・ソリューションとして生み出され、その機能性の高さからさまざまなプロジェクトで採用されています。アップデートも着々と進んでおり、今後も徐々に新たなテクノロジーの実装が行われていく予定となっています。

9月12日には米スターバックスがロイヤルティプログラム「スターバックスリワード」のブロックチェーンにポリゴン(MATIC)を採用したことが発表され、ますます注目も高まっています。

bitFlyerに新規上場を果たしたこの機会にbitFlyerで口座を開設し、ポリゴンの取引を行ってみてはいかがでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12