これから仮想通貨を保有したい人にbitFlyerをおすすめする5つの理由

最近は2,000万円老後資金問題をきっかけに、将来を見据えて資産を形成する手段として投資が注目されています。ビットコインを含めた仮想通貨は、オルタナティブ資産分野の新しい投資先として認知されつつあります。しかし、これから仮想通貨を保有してみたいと考える人の中には、どの取引所を利用すれば良いか迷ってしまう人も多くいらっしゃるかと思います。

仮想通貨取引所を選ぶ際、運営企業の信頼やサービス・セキュリティ体制、取引手数料など確認すべき重要なポイントはいくつかあります。なかでもbitFlyerは、取扱い通貨や取引システムの使いやすさ、そして仮想通貨初心者にとって最初の一歩を踏み出しやすい便利なサービスを揃えています。

ここでは、これから仮想通貨を保有したい方にbitFlyerをおすすめする理由を詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 仮想通貨サービス利用率国内No.1のbitFlyer
  2. 仮想通貨投資の入口にbitFlyerをおすすめする5つの理由
    2-1. 初心者にとって使いやすい販売所
    2-2. ポイント交換でビットコインを獲得できる
    2-3. ビットコイン決済を「体験できる」スマホアプリ
    2-4.セキュリティNo. 1評価、もしもの場合の補償制度
    2-5. ブランド力を活かした新サービスを利用できる
  3. まとめ

①仮想通貨サービス利用率国内No.1のbitFlyer

bitFlyer

株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けており、強固な経営基盤を築いています。bitFlyerは販売所と取引所、そして証拠金取引など高度な注文が可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。また、bitFlyerのスマホアプリ「bitFlyerウォレット」は、仮想通貨ユーザー20~59歳の男女1.033人を対象とした2019年8月のマクロミルによる調査で「仮想通貨アプリ利用率国内 No.1」に選ばれています。

②仮想通貨投資の入口にbitFlyerをおすすめする5つの理由

bitFlyerは、「ブロックチェーンで世界を簡単に」というミッションを掲げており、初心者にとってビットコインを簡単に取得できる様々なサービスを提供しています。ブロックチェーン技術に関心があり、仮想通貨投資を始めてみたいと考えている人にbitFlyerをおすすめする5つの理由をご紹介します。

2-1. 初心者にとって使いやすい販売所

bitFlyer 販売所
仮想通貨市場の将来性や、資産分散などの目的で仮想通貨をこれから保有したい方の多くは、「難しい売買は避けたい」、「とにかく簡単にできる取引所がいい」と考えるのではないでしょうか。そういったニーズに適した取引サービスが「販売所」です。

販売所は「数量」を入力することで仮想通貨を提示価格で即時に購入できるため、初心者にとってもわかりやすくなっています。bitFlyerの販売所は、見やすくシンプルな画面で、初心者でも簡単に取引を始められます。bitFlyerの販売所では、8種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン)を売買できます。

2-2. ポイント交換でビットコインを獲得できる

bitFlyerの「ビットコインをもらう」は、好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等をするだけでビットコインがもらえるサービスです。「ビットコインをもらう」はbitFlyerの口座を開設しているユーザーなら誰でも利用できます。

bitflyer get

また、bitFlyerはTポイント・ジャパンと業務提携を結び、bitFlyerでTポイントが貯まる・使える「Tポイントプログラム」を提供しています。交換レートはTポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインとなっています。普段の生活で貯めたポイントを気軽にビットコイン投資に当てることができます。

2-3. ビットコイン決済を「体験できる」スマホアプリ

bitFlyerのスマホアプリ「bitFlyerウォレット」を通して、仮想通貨の取引や管理はもちろん、仮想通貨の送金や決済を実際に体験できる様々なサービスを利用できます。

例えば、メールに加えてFacebookやLINEなどの主要なコニュニケーションツールを使って家族や友達、同僚にビットコインを送金したり請求できる機能があります。「今日のランチ代0.01BTC送ります!」などメッセージを添えて送金できるので、日常生活でも活用できます。

またbitFlyerの加盟店では、bitFlyerウォレットからQRコードを読み取ることで簡単にビットコイン決済ができます。加盟店には家電量販店のビックカメラやコジマ、エイチ・アイ・エス旅行代理店、地域の飲食店などが含まれます。実際にビットコインを使ってみることで、仮想通貨への関心がより高まると思います。

2-4.セキュリティNo. 1評価、もしもの場合の補償制度

bitFlyerは2014年の創業以来一度もハッキング被害に遭っておらず、顧客保護や強固なセキュリティ確保に力を入れています。Sqreen社の調査によると、世界140 の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています。

また二段階認証を設定しているユーザーが第三者にメールアドレスやパスワード等を盗まれ、不正に日本円を出金される被害に遭った場合、最大500万円の補償を受けることができます。さらにbitFlyerは三井住友海上火災保険株式会社と共同で、ビットコイン事業者向けにサイバーリスクを包括的に補償するサイバー保険を開発、契約しており、万が一の際にも資産が守られるようになっています。

2-5. ブランド力を活かした新サービスを利用できる

bitFlyerの実績はブランディングにも繋がり、ユーザーだけでなくパートナー企業からも信頼を得ています。そのため、bitFlyerはパートナー企業と連携してユニークなサービスをリリースしてきました。

2019年8月にbitFlyerはTポイント・ジャパンと業務提携を結び、bitFlyerでTポイントが貯まる・使える「Tポイントプログラム」の提供を開始しました。Tポイントは、TSUTAYAをはじめとする全国のTポイント提携先やインターネットの提携先で貯めたり、使ったり、交換できるサービスです。Tポイントプログラムによって、ポイントを使ってビットコインを取得したり、ビットコインでの商品・サービス購入時にTポイントを貯めることができるようになりました。6,961万人(2019年8月)が利用する共通ポイントと仮想通貨の交換サービスは国内初の取り組みです。

③まとめ

bitFlyerは販売所でビットコインだけでなくXRPやモナコインなど、人気の高いアルトコインも取り扱っています。スマホアプリからも販売所を利用でき、24時間365日取引が可能なため、仮想通貨の価格が大きく変動した際でもスマホひとつで素早く対応することができます。セキュリティ体制も整備されているため、初心者にとっても安心して仮想通貨を購入しやすくなっています。

また、現金の持ち出しに踏み出せない仮想通貨投資初心者にとって、「ビットコインをもらう」、「Tポイントを仮想通貨に交換する」といったサービスを利用して、ビットコインを取得することができます。bitFlyerの口座開設は無料でできます。仮想通貨の購入を考えている方はまずは口座を開設して、日々の生活で貯めたポイントを仮想通貨に交換できるサービスを利用して保有してみるのも良いでしょう。

bitFlyerの高機能取引ツール「bitFlyer Lightinig」には先物取引というリスクヘッジ手段も用意されているので、仮想通貨を使った本格的な資産運用に興味がある方にもおすすめの取引所となっています。この機会にbitFlyerの公式サイトを確認してみてください。

The following two tabs change content below.