利回りだけじゃない?ユニークな特典のあるソーシャルレンディング会社5選

ソーシャルレンディング会社の中には、キャッシュバックや投資家優待などのサービスを行っている会社があります。ソーシャルレンディング会社としては、投資家の会員登録の促進や他社との差別化のためにそういったサービスを提供しているのです。

少額から取り組めるソーシャルレンディングにとって、キャンペーンや特典の有無は利回りにも大きく影響することがあります。そこで今回は、日本のソーシャルレンディング会社の中から、2018年6月時点で投資家に対する何らかのサービスやキャンペーンを実施している会社を5社ピックアップしてご紹介したいと思います。

記事目次

  1. 会員登録キャンペーンを実施しているソーシャルレンディング会社
    1. トラストレンディングはキャッシュバックキャンペーンを実施
    2. SAMURAIは仮想通貨がもらえる
  2. maneoは投資額に応じて優待サービスを実施
  3. 案件に関するサービスを提供するソーシャルレンディング会社もある
    1. オーナーズブックでも民泊宿泊割引チケットを提供
    2. クラウドリアルティは民泊の宿泊割引券がもらえる
  4. まとめ

1 会員登録キャンペーンを実施しているソーシャルレンディング会社

ソーシャルレンディング会社が提供するサービスの中で最も多いのが、会員登録もしくは投資金額に応じてキャッシュバックを行うキャンペーンです。会員登録を行い、投資用のデポジット口座に一定金額を入金することでキャッシュバックが受けられるという内容のキャンペーンが多くなっています。

ではその具体例を見ていきましょう。

1-1 トラストレンディングはキャッシュバックキャンペーンを実施

トラストレンディングでは現在沖縄支店創業キャンペーンとして、投資家登録した人に対するキャッシュバックキャンペーンを行っています。
トラストレンディングのソーシャルレンディング登録キャンペーン
金額は口座登録およびメールマガジンを購読した時点で1,500円、さらに同社の口座に10万円を入金すれば、追加で3,500円もらえます。合算して5,000円のキャッシュバックが受けられるのです。
ただしこれは期間限定キャンペーンであり、締切は2018年6月29日までとなっています。

1-2 SAMURAIは仮想通貨がもらえる

投資型クラウドファンディングを提供するSAMURAIでは、投資家登録を行った人に対してビットコインを提供するサービスを6月いっぱい実施しています。

SAMURAI証券のソーシャルレンディング登録キャンペーン

キャッシュバックは3段階に分かれています。まず6月30日までに新規会員登録を行った人にはもれなく1,000円相当のビットコインがプレゼントされます。
さらに10万円から25万円未満の投資を行った人に対しては、追加で2,000円相当のビットコインがプレゼントされます。
そして25万円以上の投資を行った人に対しては、4,000円相当のビットコインが追加でプレゼントされます。

つまり6月30日までの口座開設に加え、投資金額が25万円未満の人には3,000円相当のビットコイン。25万円以上の人には7,000円分のビットコインがプレゼントされます。これを機に仮想通貨投資を始めてみたいというのであれば、ぜひ利用してみたいキャンペーンでしょう。

仮想通貨の受け取りには仮想通貨口座の開設も必要になりますが、同社が提携しているビットコインジャパンで口座開設すれば、さらに開設キャンペーンのビットコインを受け取ることもできます。

2 maneoは投資額に応じて優待サービスを実施

ソーシャルレンディング業界の最大手企業であるmaneoでは、投資家の運用金額に応じて優遇キャンペーンを実施しています。
maneo(マネオ)投資家の会員ランク会員ステータス制度という名称で、レギュラー・ブロンズ・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドと五段階の会員ランク制度を実施しています。

レギュラー会員からスタートし、100万円以上の投資でブロンズランク。そして500万円以上はゴールドランク、1,000万円以上がプラチナランク、3000万円以上でダイヤモンドランクになります。
この場合判定条件の金額は案件に投資している金額と、現在口座に入っている金額を合わせた額が基準です。

またプラチナランクやダイヤモンドランクの場合、判定条件の金額を下回ってもすぐにランクが下がるのではなく、半年と1年の保留期間がそれぞれに設定されています。

このように案件の一覧表には、それぞれ投資可能な投資家ランクを示すアイコンが表示されています。

実際に会員ランクによる制限が設けられた案件とはどのようなものでしょうか?

【不動産担保付き】1,200億円突破記念ローンファンド【第3弾】31号(案件1:C社、案件2:AN社)
maneo【不動産担保付き】1,200億円突破記念ローンファンド

はブロンズランク以上限定の案件です。運用期間は8ヶ月、利回りは6.3%。
類似の案件としては

【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド【第4弾】25号(案件1:C社、案件2:AN社)
maneo【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド

があります。こちらは運用期間が12ヶ月、利回りは5.5%です。この2案件を比較すると金利の差が0.8%もあり、大きいといえるでしょう。融資先のイニシャルで判断するに、同じ会社への融資案件と推測できます。同じ会社への融資案件で金利、運用期間でこれだけの差が出ると、会員ランクによる優遇は無視できないものといえるでしょう。

3 案件に関するサービスを提供するソーシャルレンディング会社もある

キャッシュバックキャンペーンではありませんが、その会社が運用している案件に関する特典を提供してくれる会社もあります。民泊物件に関する特典が中心となっています。

3-1 オーナーズブックは民泊の宿泊割引券がもらえる

上場企業が運営することで人気のソーシャルレンディング会社であるオーナーズブック。そのオーナーズブックでは民泊施設の宿泊割引チケットの提供を行うことがあります。

オーナーズブックのキャンペーン投資案件1
  • 対象:本案件への投資額20万円以上の会員様
  • ご優待率:正規宿泊料金の50%OFF(割引額上限:投資額の20%)
  • 有効期間:優待券発行から6か月以内のご宿泊
オーナーズブックのキャンペーン投資案件2
  • 対象:本案件への投資額20万円以上の会員様
  • ご優待率:正規宿泊料金の50%OFF(割引額上限:投資額の20%)
  • 有効期間:優待券発行から6か月以内のご宿泊

3-2 クラウドリアルティでも民泊宿泊割引チケットを提供

クラウドリアルティも、同社が運営する民泊案件に関して投資家優待サービスを提供しています。
クラウドリアルティの投資キャンペーン上記の案件の特典は以下のようになっています。

出資金額が300万円(60口)以上である場合に、京懐石料理のお食事券(2名様、最大約10万円相当)を交付致します。本物件にご宿泊の際に、本物件にて舞妓さんをお呼びし、舞を観賞し、ご一緒に写真撮影やお話をしながら、京会席料理やお酒をお楽しみ頂けます。

ソーシャルレンディング案件で運営されている民泊物件に300万円以上投資している人には、宿泊時に10万円相当の食事券が交付されます。自分が投資した物件に宿泊し、その物件の魅力を確かめながら、美味しい食事を楽しむことが可能です。

クラウドリアルティの投資キャンペーン2こちらの案件の特典は以下のようになっています。

出資金額が30万円(6口)以上である場合に、本件宿泊割引券を1枚交付(宿泊料金(部屋代)を5,000円割引)

先ほどの案件よりもハードルは低く、30万円投資した場合に5000円の割引券を1枚受け取ることができます。京都に宿泊する機会が多い人にとっては、是非とも利用したいサービスでしょう。

上記の2案件では、投資額の20%以内という制限がありますが、宿泊費半額の割引券を受け取ることができます。

2社ともに民泊物件の運用案件に投資すると、宿泊費や食事代の割引が受けられます。民泊物件の運用案件に投資したいと思っている人は、投資家特典の有無を確認してから投資先を選んでも良いでしょう。

4 まとめ

ソーシャルレンディング会社各社も会員登録数を増やすために、色々なキャンペーンを行っています。ここに挙げてきた会社以外にも、過去にはSBIソーシャルレンディングクラウドバンクでも投資家向け登録キャンペーンが実施されたこともあります。

ソーシャルレンディング会社のホームページをこまめにチェックしていけば、このようなお得なキャンペーンを見つけることができるでしょう。利用できるキャンペーンはできるだけ活用して、少しでも利益を増やしてしていきたいですね。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」