【7/28・29 東京・不動産投資セミナー】日系上場企業開発カンボジア物件説明会

海外不動産が検索できるポータルサイト「SEKAI PROPERTY」を運営する株式会社ビヨンドボーダーズは、日系上場企業である株式会社ラ・アトレアジアが「GDP成長率7%(2017年IMF発表)」とアジアで最も急成長しているカンボジアの首都プノンペンで開発する物件の販売開始に伴い、同社と共催で物件説明会を2017年7月28日、29日に東京の浜松町で開催する。

「SEKAI PROPERTY」は、世界の不動産情報が手に入るメディアサイトだ。 主にアジアの不動産を中心に物件を掲載しており、現在はマレーシア、ベトナム、フィリピン、タイ、カンボジア、日本の物件に特化している。掲載中の不動産のタイプはコンドミニアム、一戸建、サービスアパートメント、ホテル、土地などを幅広くカバーしており、海外不動産投資やセカンドハウス、移住先探しの支援を行っている。

今回行われる説明会では、30歳以下の国民が全体の4割を占め、今後の経済成長が見込まれるカンボジアの経済・文化・商慣習などに関する内容や、現地在住日本人よりプノンペン不動産マーケットの現状や注意点などの説明が行われる予定だ。また、日本人や外国人駐在員などが多く住む一等地「ボンケンコン」エリアで唯一、日系上場企業 株式会社ラ・アトレアジアが開発・管理をするコンドミニアムをプライベート説明会の形で紹介する。

希望者には、後日現地東南アジア諸国でも珍しい米ドルによる定期預金(年率4.75%)の銀行口座開設もサポートする予定だ。なお、視察ツアーも行うことができ、家族、友人、従業員を連れ立っての世界遺産アンコールワット観光も付けることもできるとし、問い合わせを受け付けている。

同説明会は2017年7月28日(金)の19:00~21:00、7月29日(土)の10:00~12:00に、JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」北口徒歩6分、都営大江戸線「大門駅」B1出口徒歩7分の株式会社ラ・アトレ本社会議室にて行われる。

カンボジア不動産への投資の足がかりをつけるため、あるいはすでにカンボジア不動産投資を行っている場合であっても最新の情報を知るため、参加してみてはいかがだろうか。

The following two tabs change content below.

Hedge Guide 編集部

Hedge編集部は、元銀行員の編集長をはじめとして、投資経験が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資の基礎知識から融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。