「やよいの青色申告/白色申告 オンライン」アプリに新機能追加、「不動産科目」と「うち預り金」に対応

業務ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社は10月4日、クラウド会計アプリケーション「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの白色申告 オンライン」専用のスマートフォンアプリに新たな機能を追加したことを公表した

弥生「やよいの青色申告/白色申告 オンライン」のアプリでは、交通費や消耗品費など日々の入力をいつでも簡単に行うことができる。シンプルなデザイン構成で簿記の知識がなくても誰でも簡単に使えることが特徴だ。

今回、機能追加により「不動産科目」と「うち預り金」に対応した。「不動産科目」では、「賃貸料」や「更新料」といった不動産用の取引をスマートフォンから入力することが可能となった。さらに「うち預り金」では、給与や報酬を支払う際に源泉徴収税などを一時的に支払っている場合、うち預り金にチェックを付けると預り金の取引が自動で生成される。いずれの機能もユーザーからの要望が高かったという。

事業規模の不動産貸付け収入がある場合、不動産所得を確定申告する必要がある。スマートフォンであれば日々の入力をスキマ時間に済ませることができ、業務の効率化も図ることができそうだ。

【参照リリース】「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの白色申告 オンライン」専用の スマートフォンアプリ、弥生『やよいの青色申告/白色申告 オンライン』アプリに機能追加

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。