1口1万円からの動産投資「TATERU Funding」の当選者が「先着順」に

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(以下、インベスターズクラウド)は12月26日、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業において今後の当選者選定方法を「先着順」へ変更することを公表した。

「TATERU Funding」はアプリからでも1口1万円から出資申込が可能な不動産投資型クラウドファンディングである。 1万円からの少額投資ができる手軽さと、安定した高い収益性から不動産投資について経験のない30代~40代の支持を集めている。これまでに15ファンドを組成し、応募総額30億円を突破、会員数は2017年12月25日時点で2万人を超えている。

今回の当選者選定方法の変更は、出資者確定までの期間を短縮することでより効率的な投資活動を行える環境を整えるものだ。次号ファンドより従来の「抽選式」から「先着順」へ変更となる。

選定方法の変更にともない、インベスターズクラウドではユーザビリティ向上と商品の透明性の向上を目的としたWebサイトのリニューアルを実施した。新規ファンドの紹介動画の掲載をはじめ、より詳細な物件概要や周辺環境の確認、出資したファンドにおける対象物件の建築状況や入居状況などの運用状況をリアルタイムで確認できるようになる。また、新サイトは従来のインカムゲイン(運用益)のほか、物件の売却から得られるキャピタルゲイン(売却益)の2つの配当を受け取れる商品「キャピタル重視型ファンド」にも対応する。

【参照リリース】1口1万円から投資できる「TATERU Funding」当選者選定方法を「抽選式」から「先着順」へ 2017年12月26日Webサイトリニューアルオープン

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。