「TATERU FUNDING」 第9号東京都稲城市TATERU APファンド9月27日より出資募集開始

株式会社インベスターズクラウドは9月15日、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」の第9号東京都稲城市TATERU APファンドの組成が決定したことを公表した。第9号ファンドは2017年9月27日より10月2日まで出資を募集する。

運用物件は2017年7月に竣工した、全10室の新築木造アパート1棟だ。運用期間は2017年11月1日(水)より2018年1月31日(水)までを予定しており、1口1万円とし、7,700口募集する。年利換算4%の分配を予定している。

「TATERU FUNDING」は1万円からの少額投資が可能な不動産投資型クラウドファンディングだ。出資申込から物件情報のプッシュ通知、詳細情報の閲覧や、取引履歴の確認・収益管理などをアプリ上で行える。TATERU FUNDINGにおける不動産投資は、Web上で1棟の物件に対して複数の投資家より出資を募り、その物件をインベスターズクラウドが運用し、得た利益を出資者に分配する。運用資産の評価額が下落した場合、まずはその下落額をインベスターズクラウドが補填することで不動産評価額が運用開始時評価額の30%超下落しなければ、出資者の元本が変動しない仕組みだ。

第8号ファンドの出資募集時には、応募者の約46%が初めて出資応募を行った新規ユーザーであり、第7号ファンドの新規出資応募者割合を上回った。会員数は2017年9月15日時点で13,000人を突破している。

インベスターズクラウドは会員と出資検討者向けに、「TATERU FUNDING」ついて理解を深める説明会を東京本社で9月23日と24日、大阪支店で9月30日と10月1日に開催する予定だ。

【サービス紹介ページ】インベスターズクラウドの不動産投資

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

これまでダイエットアプリ、霊廟、ゲーム、民泊など幅広い業界にて商品紹介記事やノウハウ記事、プレスリリースなど豊富なライティング経験あり。Webライターとしての経験を活かし、HEDGEでは主にニュース記事の執筆を担当。