日本の銀行コンソーシアムが韓国大手銀行と試験的取り組み、クロスボーダー決済を近代化

米国のFintechスタートアップで即時クロスボーダー決済システムを開発するRippleは12月14日、同社とSBIホールディングスのジョイントベンチャーであるSBI Ripple Asiaが音頭をとる日本の61行で構成される銀行コンソーシアムが、韓国最大手のウリィ銀行および同3位の新韓銀行(2社合計で時価総額300億米ドル以上)とRippleパイロットプロジェクトをローンチすることを発表した。

この取り組みに参加する両国の銀行は、Rippleの決済テクノロジーxCurrentを利用し決済処理を行う。これにより中間業者が不要になり国際送金コストが低減。日本第3の貿易国である韓国との資金移動を流動化させ、今後の経済的成長を後押しする。

さらに、日本の銀行コンソーシアムは、XRPなどのデジタル通貨の利用事例を調査しクロスボーダー決済のオンデマンド流動性を確保すべく、仮想通貨およびブロックチェーンの研究グループも発足させた。

Rippleのパートナーシップ・ディレクター、ヨシカワ・エミ氏は「日本の銀行コンソーシアムとウリィ銀行、新韓銀行とのパイロットプロジェクトは、重要なコリドーでの送金の実現をもたらしてくれる。」と述べる。また「RippleNetを使用したクロスボーダー決済は、金融機関に対して近代的な決済方法の提供準備を促し、価値のインターネットを達成できる。」としている。

現状、国際送金は国内送金に比べてもコスト、所要時間、流動性が著しく劣っており、Rippleは両国間のクロスボーダー決済を低コストで即座に送金・受領できるシステムの確立を目指す。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。