健美家「大江戸線沿線駅別マンション投資利回りの平均」調査結果公表

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社は5月23日、同サイトに登録された新規物件を集計し「大江戸線沿線駅別マンション投資利回りの平均」の調査結果を公表した

調査の結果、大江戸線を利回りの高い順にランキングした結果、物件登録のあった36駅中、6割以上の22駅が5%~4%台の低利回りとなった。特に新宿区、渋谷区、港区、中央区、江東区、台東区、墨田区、文京区を環状に結ぶ東側の環状部は都内各所への利便性の良さが、低利回りとなって反映されたものとみられる。

一方で新橋駅まで徒歩15分の距離にあり通勤に便利な「築地市場駅」が7.41%と沿線内では最も利回りが高い結果となった。これは平均築年数36年という古さと、専有面積が17.2平米と狭いことが要因と推測される。

大江戸線の中では中野区、練馬区に位置する駅が比較的利回りが高い傾向にあったが、練馬区の中でも34位の「光が丘駅」(5.22%)、36位の「練馬春日町駅」(4.61%)は利回りが低い。「光が丘駅」は築年の浅さに加え、始発駅であることが価値を上げており、昨年に続き5%台となっている。「練馬春日町駅」は昨年から1.00ポイント利回りが下がったが、これは登録件数が少なかった上に駅近かつ築浅物件が集中したことが影響しているとみられる。

【参照リリース】不動産投資マンション利回りランキング:大江戸線編 6割以上の駅で利回り5%台以下を記録

(Hedgeニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。