国土交通省、2016年12月分・第4四半期分の「不動産価格指数」公表

国土交通省は3月29日、2016年12月分・第4四半期分の「不動産価格指数」を公表した

「不動産価格指数」は不動産市場価格の動向を表すものとして、国土交通省が作成したもの。毎月の不動産価格を、2010年の平均価格を100とする指数にしてまとめられている。

公表された「不動産価格指数」によると、「不動産価格指数(住宅)」(全国の「住宅総合指数」)は前年同月比1.7%プラスの106.3であった。住宅地は同+0.1%の上昇、戸建住宅は同+0.2%の上昇、マンションは同+3.4%の上昇となった。2013年3月分より、46か月連続でのプラスを維持している。

続いて、「不動産価格指数(商業用不動産)」は17期連続でプラスであった。

2016年10―12月における全国の「商業用不動産総合指数」は、113.9の対前年同期比+2.0%の上昇となり、2012年10─12月分より、17期連続でのプラスを維持している。

また、2016年10─12月における全国指数は、店舗は124.2、オフィスは125.0、倉庫は105.1、工場は96.5、マンション・アパート(一棟)は127.8となり、これらを総合した建物付土地総合指数は 121.8と、対前年同期比+3.2%の上昇であった。2012年4─6月分より19期連続でのプラスを維持している。

2016年分の東京都の商業用不動産総合指数は133.0と、対前年比+9.3%の上昇。愛知県の商業用不動産総合指数は110.9と、同+5.3%の上昇。大阪府の商業用不動産総合指数は115.7で、同+5.0%の上昇であった。

一方、商業地は、95.7、工業地は99.3となり、これらを総合した土地総合指数は97.2、対前年同期比は-1.4%の下落となり、6期ぶりのマイナスとなった。

【参照ページ】不動産価格指数(平成28年12月・第4四半期分)の公表
【参照ページ】不動産価格指数(平成28年12月・第4四半期分)の公表
【参照ページ】12月不動産価格指数、マンションが46か月連続で上昇-国交省

(Hedgeニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界, 仮想通貨関連の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。