JLL、2017年8月末時点の東京Aグレードオフィスの空室率・賃料を公表

総合不動産サービス大手のジョーンズ ラング ラサール株式会社(以下、JLL)は9月7日、2017年8月末時点の東京Aグレードの空室率および賃料を公表した

JLLが定義する東京Aグレードオフィスとは、千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区の東京中心業務地区に位置し、延床面積30,000平方メートル以上、基準階面積1,000平方メートル以上、地上20階以上で、1990年以降に竣工かつ新耐震基準に適合する、一定水準を満たすハイグレードのオフィスビルを指す。

JLLオフィス定義

JLLオフィス定義

資料によると、2017年8月末時点の東京Aグレードオフィスの空室率は2.8%であり、前月比では0.1ポイント上昇、前年比では1.3ポイント上昇となり、2か月ぶりに上昇した。CBD(中枢業務地区)全体にかけて比較的小規模な空室が発生し、新宿、京橋を含むサブマーケットにて吸収された移転需要を上回った。また賃料も、共益費込の月額が坪当たり36,570円と、前月の36,550円から0.1%上昇、前年比では1.6%上昇し11か月連続で上昇した。

東京Aグレードの空室率・賃料

東京Aグレードの空室率・賃料

【公式ページ】東京オフィス マーケットアップデート 2017年9月

(Hedgeニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。