ファーストロジック、8月の投資用市場動向データ公表

株式会社ファーストロジックは9月5日、同社が運営する不動産投資サイト「楽待」に2017年8月1日~8月31日に新規掲載された物件、問合せのあった物件を対象とした「投資用 市場動向データ 最新版2017年8月期分」の調査結果を公表した。

レポートによると、新規掲載された一棟アパートの物件価格は前月比で下落した。物件価格は6,224万円、前月比で790万円下落となった一方、問合せ物件の価格は5,965万円と、177万円上昇した。表面利回りは前月比で0.3ポイント上昇した一方、問合せ物件の表面利回りは0.1ポイント下落した。

一棟アパート【物件価格】 一棟アパート【表面利回り】

新規掲載された一棟マンションの物件価格は前月比で上昇した。物件価格は23,449万円と前月比で3,767万円上昇し、問合せ物件の物件価格も19,923万円と、2,205万円上昇した。表面利回りは前月比で0.07ポイント上昇、同様に問合せ物件の表面利回りも0.09ポイント上昇した。

一棟マンション【物件価格】 一棟マンション【表面利回り】

新規掲載された区分マンションの物件価格が前月比で下落した。物件価格は1,473万円、前月比で99万円下落し、同様に問合せ物件の物件価格も1,158万円と、77万円下落した。表面利回りは前月比で0.14ポイント下落した一方で、問合せ物件の表面利回りは0.36ポイント上昇した。

区分マンション【物件価格】 区分マンション【表面利回り】

投資用一棟アパート、一棟マンションの表面利回りはいずれも横ばいである一方、物件価格では一棟アパートと区分マンションで下落、一棟マンションで上昇という結果になった。

(Hedgeニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。