単一トークンでトップ20の仮想通貨に投資、世界初仮想通貨インデックスファンド「CRYPTO20」が日本でもリリース

不動産投資とREIT・株式投資・FX投資を徹底比較!

世界初の仮想通貨インデックスファンドを手掛けるCRYPTO20は11月13日、仮想通貨投資の不安定性への解決策提案するICOキャンペーンを日本においても開始された。ICOではすでに9億円を調達している。

CRYPTO20では仮想通貨の市場インデックスを追う目的でICOで調達した資金を仮想通貨の原資産購入にあてる。投資家は同ファンドの発行するトークンを保有するだけでトップ20の仮想通貨資産に分散投資が可能だ。トークンはいつでも売却や両替が可能で解約手数料・ブローカー手数料・相談手数料が発生しない。また、毎週リバランスが実施される上、資産の最大比重を10%と設定していることで時価総額の高い仮想通貨だけに資産が偏らないことも特徴だ。

ビットコインをはじめとする仮想通貨はボラティリティの高さや一般投資家の印象を損なう報道が目立つことから敬遠されがちなアセットクラスのひとつだ。同ファンドでは、こうした投資家目線に立って仮想通貨投資のリスク要因の分析をすることで、不安定な市場でもリスクを最大限に抑えながらもより簡単に仮想投資に参加できるようにしたい考えだ。仮想通貨やICOはまだ不安定さが先立つ市場であるため、同社の取り組みが市場の安定を促す一歩となることが望まれる。

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。