米の大手取引所CMEにビットコイン上場。先物取引を開始

12月17日の夜、ついに仮想通貨のビットコインが米CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)に上場、先物取引が開始した。北米最大規模の金融デリバティブ取引所であるCMEへの上場は注目を集め、取引開始に向けてビットコインの価格は過去最高となる2万米ドルに向けて急上昇した。1月限は2万650ドルまで伸びたものの、現在は1万8336ドルに落ち着いている。

ビットコインは、1週間前にCMEのライバルグループであるCBOE(シカゴ・オプション取引所)で先物取引が始まったばかりだ。しかし、単一の取引所にもとづく価格を算出するCBOEに対してCMEの場合は4つの取引所でビットコインの価格を算出するため、取引量が大きく変わる。

もっとも取引が活発な時期の比較をすると、最初の1時間の取引回数はCMEは221回、CBOEは570回だ。一見CBOEのほうが取引が多いように見えるが、CME先物の最低取引単位は5ビットコインでCBOEが設定する1ビットコインな上、CME先物の価格はビットコインを2%上回るだけにとどまっているため、CBOEと比較してもより効率的な価格設定でより早いスタートを切ったといえる。

CME先物では価格変動を制限してトレーダーのリスクを軽減できるシステムを採用しており、価格が7%または13%下落した場合は取引を一時停止し、変動幅が20%を超えることはない。仮想通貨ファンドのソリダス・キャピタルでトレード責任者を務めるJose Miguel Nascimento氏はCMEでの先物取引についてブルームバーグの取材に対し「変動のあるビットコイン市場にとって、ビットコイン先物上場は非常に前向きな発展だ。」と述べている。

今回の上場によって、機関投資家の参入による取引の活発化が予想される。ウォール街まで浸透していくビットコインの今後に注目していきたい。

【参照サイト】Bitcoin Takes Bigger Wall Street Stage With Smooth CME Debut

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。