不動産投資ローン融資はメガバンクから受けるべき?各金融機関の特徴まとめ【2017年最新版】

不動産投資の書籍などを読んでいると「不動産投資のローン融資はメガバンクがおすすめ」といった内容が書かれていることがあります。なぜメガバンクから融資を受けることがクローズアップされるのでしょうか?この記事では、メガバンクからの融資が不動産投資に与える影響や各金融機関の融資の特徴など、以下のポイントについて解説をしていきます。

  1. なぜメガバンク(都市銀行)からの融資がおすすめ?
  2. 地方銀行の不動産投資ローン融資の特徴とポイント
  3. 信託銀行やネット銀行の不動産投資ローン融資の特徴とポイント
  4. ノンバンクの不動産投資ローン融資の特徴とポイント
  5. ローンを借りずに自己資金で買うことのメリット・デメリット

なぜメガバンク(都市銀行)からの融資がおすすめ?

メガバンクと呼ばれる銀行は、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3大都市銀行に、りそな銀行が加わる形となります。不動産投資でこのメガバンクからの融資が取り上げられる理由は2つあります。

まず1つ目の理由は、ローンの金利が他の地方銀行などと比べて安く、返済期間も長く見てもらいやすいという点です。ただ、誰に対しても良い条件というわけでなく、上場企業社員、年収1000万円以上、自己資金1000万円、相続予定資産が数千万円といった何かしら良い属性をアピールできないと、良い金利や融資期間はつきません。属性や物件によっては他行よりも金利が高くなってしまうというケースもありますので、この点は注意が必要です。

メガバンクからの融資がすすめられる2つ目の理由は、次の融資につなげやすいという理由です。地方銀行や信託銀行などは、都市銀行の動向をつねに意識しているため、都市銀行が融資を実行した人物には関心が高くなります。メガバンクの融資審査は他校に比べて厳しいため、「メガバンクが融資を実行したのであれば、うちも…」ということで、その後の融資を獲得しやすくなるというメリットがあるのです。そのため、融資を受ける一行目としてメガバンクが推されるというわけです。

ただ、メガバンクは誰にでも融資を実行するわけではありません。むしろ審査はどこよりも厳しいことを想定しておく必要がありますので、属性を引き上げるための取り組みや審査に向けた入念な準備などが必要となります。メガバンクのなかでは、りそな銀行と三井住友銀行が不動産融資に比較的積極的な銀行となります。

地方銀行の不動産投資ローン融資の特徴とポイント

横浜銀行やスルガ銀行などの地方銀行(地銀)は、メガバンクに比べると規模や知名度が劣るものの、後述するノンバンクなどに比べれば非常に信用力が高く、不動産投資の融資にも非常に積極的です。地方銀行は、不動産投資を考えている方にとって決して無視することはできない融資元であり、大事なパートナーとなりうる金融機関です。

地方銀行のなかには、その銀行が所属する都道府県内の物件にしか融資を行わないというところもありますので、しっかりと融資方針を確認したほうが良いでしょう。また、自宅か職場の近くに支店があるかないかという点も、融資の土台に乗るかのポイントとなります。

地方銀行のなかでも最も知名度の高いスルガ銀行の特徴にも触れておくと、金利4.5%と融資条件は良くないものの、審査が最速3営業日と非常に早く、融資が下りる物件の幅も広いため、不動産投資会社の提携金融機関のラインナップには必ずと行っていいほど並んでいます。

地方銀行は、物件に重きを置く銀行や、借り主の属性に重きを置く銀行など、各行で融資方針が大きく異なりますので、下調べをしてから審査に臨むことをおすすめします。

信託銀行やネット銀行の不動産投資ローン融資の特徴とポイント

メガバンクの他に、信託銀行やネット銀行を利用するという手もあります。大手グループの信託銀行については審査が厳しめですが、借入の上限額は地方銀行よりも多いというケースや金利が安いというケースもありますので、物件に応じて活用したいところです。

また、オリックス銀行やセゾン銀行などネット銀行は、融資を実行する物件の種類やエリアは幅広いですが、他の銀行と比べると金利はやや高めとなります。また、店頭での相談と比べると融通がきかない部分もありますので、特別な事情がある場合などは先に地方銀行や信託銀行のほうに相談してみることをおすすめします。

ノンバンクの不動産投資ローン融資の特徴とポイント

ノンバンクは預金業務を行わない金融機関で、消費者金融、クレジット会社、信販会社などがノンバンクに分類されます。

ノンバンクの特徴は、審査スピードが早いものの、銀行と比べると金利が高いというものです。一般的には、属性や与信の低い方が利用するというイメージになりますので、融資が1行目からノンバンクということになると、その後の融資審査にも良い印象を持たれないことがあり、利用時には注意が必要です。

利用の流れとしては、地方銀行や信託銀行などですべて審査に落ちてしまった場合や、どうしても審査スピードを優先しなければいけない事情がある場合に利用するといったイメージとなるでしょう。

ローンを借りずに自己資金で買うことのメリット・デメリット

融資を受けずに自己資金で不動産を購入するという方法もあります。退職金など、まとまった資金が手元にある方が、よくご検討をされる購入方法です。こちらのメリット・デメリットについても少し触れておきましょう。

自己資金で不動産を購入するメリットは、決済のスピードが早いため、他に物件の購入希望者がいた場合に有利に立てるという点や、ローンの利息を支払わなくて済むため、毎月・毎年の収益性が高まるという点です。

一方、デメリットは自己資金が購入資金としてすべて拘束されてしまうため、ローンを借りるよりも投資の効率が落ちてしまうという点です。不動産投資はローンを借りることで自己資金の比率を少なくしてレバレッジを効かせることができるという点が魅力の一つですので、相続対策やどうしてもスピードを優先しなければならないという事情が無い限りはローンを活用することをおすすめします。

まとめ:各金融機関の融資の特徴を理解して、不動産投資をスムーズに進めよう

不動産投資を語る上で融資を欠かすことはできません。各金融機関の特徴を把握し、利用シーンをしっかりとイメージしてから、金融機関の開拓や融資審査に臨むことで、効率的な不動産投資を展開していきましょう。

The following two tabs change content below.

Hedge Guide 編集部

Hedge編集部は、元メガバンク銀行員の編集長をはじめとして、投資経験が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。

Hedge Guide 編集部おすすめの不動産投資会社PICK UP!

Hedge Guide 編集部がおすすめの不動産投資会社を厳選ピックアップしご紹介しています。

ジーイークリエーション

入居率98%以上!都心一等地でのマンション投資を、頭金10万円から始められる不動産投資会社

ブリッジ・シー・エステート

ブリッジ・シー・エステートのマンション投資首都圏中心のワンルームマンションで入居率も96%~98%だから安定した賃貸経営が実現可能!

アイケンジャパン

入居99%以上の新築デザイナーズアパート経営とは?資料請求でノウハウ集とDVD無料プレゼント